私が貢いだ風俗嬢

たまたまでしたけど、良かった

その日はたまたま風俗で遊んだんです。いつも風俗で遊ぶ時には割とみっちりと下調べをするタイプで、急に遊ぼうって思うことはめったにないんです。遊ぶのであれば数日くらい前からその日出勤の女の子からリストアップしつつ、ホームページで女の子の特徴を吟味するんです。これだって思った女の子の中から一人を選抜して遊ぶのが自分のスタイルだったんですけど、その日は本当にふと、たまたま風俗で遊んだんです。これがなかなかよかったです。いわばいつもは用意周到で遊ぶわけですけど、その日は女の子の情報が全然ありませんでした。いつもだったらある程度女の子の個性を把握した上で遊ぶんですけど、その日はご対面してから相手がどんな子なのかを考えてコミュニケーションで距離を縮めてって言う、自分にとってはかなり新しい展開だったんですけど、それはそれでなかなか面白いなと(笑)みっちり調べるのも悪くないですけど、たまにはこういった形も良いですね。

人妻のあの巨乳が忘れられない…

あの日の人妻風俗嬢のことが忘れられません。もっと言えば、人妻風俗嬢の巨乳が忘れられません。程よいバランスだったんです。若い子のように弾丸のような張りがある訳じゃないんです。でも、まだまだ完全に垂れているでもなく、少し垂れている程度だったんですけどそれが逆に色気をより高めていたんですよね。あのちょっとだけ垂れているくらいが一番フェロモンを感じさせるんじゃないのかなって。だから彼女の巨乳を目の当たりにした時、言い知れぬ興奮に教われました。大きくて形も良く、それでいて程よく柔らかくて少し垂れていて。そんな彼女のあのボディを満喫出来ただけでも嬉しいですけど、さすがに人妻なだけあってただ単に体が素晴らしいだけではなく、サービスそのものは完璧と言っても良いレベルだったんじゃないのかなって思いますね。男のツボを良く分かっているというか、何をされると男が喜ぶのかということを熟知している風俗嬢だなって思いましたね。