私が貢いだ風俗嬢

静かな子も悪くないですよね

明るい風俗嬢の方が喋りやすいとは思うんです。風俗もある程度はコミュニケーションが大切だと思うので、明るい子とか喋るのが好きな陽気なタイプの風俗嬢の方が自分自身は楽ですよね。でも、静かな子も嫌いじゃないんですよ。物静かで、読書している姿が似合うような美人風俗嬢。この前遊んだYちゃんが本当にそんな感じだったんですけど、かなり興奮しましたね。まさかあそこまでそそられることになるとは自分でも思いませんでした。静かそうだなってことで選んだんですけど、物静かな雰囲気が神々しさを感じさせて、そして自分にも様々なものをもたらしてくれたんです。明るい風俗嬢ばかりに目が行っていましたけど、こうしたタイプの風俗嬢も悪くないなって思いましたね。むしろ彼女の存在感によって、自分の中でいろいろな気持ちに気付かされたし、新しい価値観と出会えたかもしれませんので、彼女との一戦は自分の風俗生活の中でも大きな一戦となったかなと。

極意が分かってきたかも

ある意味、風俗もは男女のコミュニケーションの延長線上にあるものだと思うので、どれだけ相手との距離感を近付けられるのかが満足のカギを握っていると言っても過言ではないと思うんですけど、コミュニケーションもやっぱり手法というか方法というか、良いものもあれば控えた方が良いものもありますよね。特に風俗嬢になった理由。これは正直、あまり聞くべきではないかなって思っています。最近はもう「聞くべきじゃない」って分かっているので女の子にこの手の質問をするようなことはありませんけど、この手の質問をしてしまって盛り上がった試しがありません(苦笑)大抵相手も困ったり、いきなり初対面の男に本音を話す訳もないじゃないですか。だから濁すしかないので、話そのものが盛り上がらないんですよ。だから風俗嬢とのコミュニケーションではそういった核心に迫る部分ではなくて、適当なことの方が良いなって。天気とか芸能人の話題とか、それらが無難ですよ(笑)